忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/02 02:19 】 |
鳥取ループ 宮部龍彦と株式会社GNN Songletter(ソングレター)
鳥取ループこと宮部龍彦と三品純が出版している電子出版は、デマと中傷を羅列し、差別煽動、差別をばらまく悪質な内容であるが、宮部龍彦が所属する株式会社GNNは宮部龍彦を取締役として、「songletter」(ソングレター)なる事業もしているようだ。
http://www.song-letter.jp/outline.html
上記HPにはばっちり、



「 株式会社GNN

 代表取締役 安野和憲

取締役 宮部龍彦

    山崎良太郎

監査人 松下史人 」
とある。

事業内容は、宮部龍彦と三品純が別会社名で行っている「電子出版」も業務内容として明記されている。

業務サポート

 

 

・法人向PCサポート

・国内外マネジメント規格取得コンサルティング

 システム構築

・ウェブアプリケーション開発

DB/プログラム設計・開発

 コンピュータ関連機器開発・販売

・大型商用モニター SmartMonitor販売

 コンテンツ制作

・ホームページ制作

・出版物の編集・電子出版物の制作

・マルチメディアコンテンツ編集・制作

・ソングレター制作

 HTMLPDF変換ミドルウェア CopperPDF開発・販売

 ブログ印刷・製本サービス

・ブログ出版局    」

あきれたものだ。
国際的な事業展開をしているのなら、人権問題がいかに大切なのか分かるはずだ。日本国内の人権活動や政府、自治体が国際的なネットワークや人権潮流の中で展開されている事を理解できないのだろうか?特に国境を簡単に越えるインターネットという舞台で展開される宮部龍彦と三品純の差別煽動、差別情報流布は永遠にインターネット世界に残ってゆく。全世界の人権問題に関心を持つ市民(普通の常識や感性を持つ全世界の人々)が、進歩する翻訳ソフトを活用しながら、鳥取ループこと宮部龍彦と三品純の悪質な行動を知り続けている。そして日本の人権問題を考える人々は、鳥取ループこと宮部龍彦と三品純の類例を見ない悪質な差別を全世界に訴え、批判を強めてゆくと思える。
 彼等二人を支える企業が「株式会社GNN」であるなら、それ相当の全世界からのイメージ低下は避けられないだろう。


http://ameblo.jp/humanrights-difence/
http://japanwest.v-kei.net/Entry/8/
http://moon.ap.teacup.com/jinkenidea/3.html
http://ameblo.jp/humanrights-difence/entry-11119216426.html
http://japanwest.v-kei.net/Entry/10/

PR
【2011/12/29 13:20 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<鳥取ループの本名は宮部龍彦 | ホーム | 三品純と宮部龍彦(鳥取ループ)株式会社GNN>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>