忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/06 11:47 】 |
三品純と宮部龍彦(鳥取ループ)株式会社GNNを考え 批判しよう
 http://japanwest.v-kei.net/Entry/9/
鳥取ループ 宮部龍彦と株式会社GNN Songletter(ソングレター)



http://ameblo.jp/humanrights-difence/entry-11119216426.html
差別を煽り小銭をかせぐ三品純・宮部龍彦(鳥取ループ)両氏


http://japanwest.v-kei.net/Entry/8/
三品純と宮部龍彦(鳥取ループ)株式会社GNN

http://club.ap.teacup.com/tottori/7.html
鳥取ループこと宮部龍彦と株式会社GNNの問

http://club.ap.teacup.com/tottori/6.html

鳥取ループ、三品純、示現社 まとめWIKI


上記のサイトが話題ですね。

「差別はない」と、信じられない無知、現実が理解できていないところから、繰り出す鳥取ループこと宮部龍彦と三品純は公言してはばからない。そして、その誤った妄想から「どのような情報をネットに公開しても問題ない」というような事を言い、被差別マイノリティが苦しむ情報を公開し続けている。その悪質さに法務局や国連すらも彼等にたいして問題ありという判断をしめしている。
 また、当事者である被差別マイノリティも大きな抗議の声をあげている。

 全国で毎年、公的機関や地方自治体が行っている人権意識調査。おびただしいデータ、意識調査、公的機関の人々の判断が「被差別マイノリティに対する厳しい差別が現存する」という事を断定している。一方、悪質な差別者である鳥取ループこと宮部龍彦と三品純は、一切のデータや信頼に足る報告書などを示し、彼等の言説の正当性を論証する事もなく、ゆがんだ心、妄想ででっちあげた決めつけを声高に連呼し、恐るべき差別行動を正当化する屁理屈としている。
 「質量のあるものが引力によって落下する」という明白な事実、厳然たる現実に対して、「テーブルの上のコーヒーカップが自力で空中浮遊することができるのだ!自力で浮遊したコーヒーカップからは、飲みたかったコーヒーが床にばらまかれている。それは全国で毎日生起している」といった感じか。
 なんともはや、情けないことである。「差別はない!」との暴論を吐き、被差別マイノリティが、現存する差別ゆえ、もっとも苦しみ、悲しむ差別情報や差別地図をインターネットに公開しているのだから、「確信犯的に被差別の人々の心と人権を傷つけて喜んでいる」と見られている。そのうえ、電子出版で販売などの行為を行っているのだ。差別を商い、被差別者の人権をずたずたにしてもうけている、、、、。前代未聞の悪質さ。
 1997年末 12月20日 NHK教育 で 放映された1時間15分番組
 その中では●電脳空間で続発する人権侵害●表現の自由の国アメリカの苦悩と人権●賢明なネット社会とは   といったテーマで優れた番組が作成されている。
 あれから、さらに深刻さを増して来ているネットと人権の問題
 人々は啓発や人権教育の成果か、非常に厳しい批判を鳥取ループこと宮部龍彦と三品純両者の行動を見つめている。
 だからこそ、冒頭のサイトのアクセスは非常に多い。
 一方的な鳥取ループのネットでのでたらめな言動や行動に対して、批判も出て来ているが、サイト訪問者の多さは、圧倒的多数のサイレント・マジョリティは、鳥取ループの言動に大きな怒りをもって注視しているという証左かもしれない。


 両者が続けているみっともないインターネット上の言動や、行動は、あまりにもおろかな事と歴史の上でしばし語り継がれてゆくのではないかと思う。それも、両者が最も望まない形で。







PR
【2012/01/07 04:05 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 鳥取ループこと宮部龍彦と三品純 株式会社GNN 示現舎の生み出している諸問題 まとめ2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム | 次ページ>>