忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/02 00:09 】 |
三品純と宮部龍彦(鳥取ループ)株式会社GNNを考え 批判しよう
 http://japanwest.v-kei.net/Entry/9/
鳥取ループ 宮部龍彦と株式会社GNN Songletter(ソングレター)



http://ameblo.jp/humanrights-difence/entry-11119216426.html
差別を煽り小銭をかせぐ三品純・宮部龍彦(鳥取ループ)両氏


http://japanwest.v-kei.net/Entry/8/
三品純と宮部龍彦(鳥取ループ)株式会社GNN

http://club.ap.teacup.com/tottori/7.html
鳥取ループこと宮部龍彦と株式会社GNNの問

http://club.ap.teacup.com/tottori/6.html

鳥取ループ、三品純、示現社 まとめWIKI


上記のサイトが話題ですね。

「差別はない」と、信じられない無知、現実が理解できていないところから、繰り出す鳥取ループこと宮部龍彦と三品純は公言してはばからない。そして、その誤った妄想から「どのような情報をネットに公開しても問題ない」というような事を言い、被差別マイノリティが苦しむ情報を公開し続けている。その悪質さに法務局や国連すらも彼等にたいして問題ありという判断をしめしている。
 また、当事者である被差別マイノリティも大きな抗議の声をあげている。

 全国で毎年、公的機関や地方自治体が行っている人権意識調査。おびただしいデータ、意識調査、公的機関の人々の判断が「被差別マイノリティに対する厳しい差別が現存する」という事を断定している。一方、悪質な差別者である鳥取ループこと宮部龍彦と三品純は、一切のデータや信頼に足る報告書などを示し、彼等の言説の正当性を論証する事もなく、ゆがんだ心、妄想ででっちあげた決めつけを声高に連呼し、恐るべき差別行動を正当化する屁理屈としている。
 「質量のあるものが引力によって落下する」という明白な事実、厳然たる現実に対して、「テーブルの上のコーヒーカップが自力で空中浮遊することができるのだ!自力で浮遊したコーヒーカップからは、飲みたかったコーヒーが床にばらまかれている。それは全国で毎日生起している」といった感じか。
 なんともはや、情けないことである。「差別はない!」との暴論を吐き、被差別マイノリティが、現存する差別ゆえ、もっとも苦しみ、悲しむ差別情報や差別地図をインターネットに公開しているのだから、「確信犯的に被差別の人々の心と人権を傷つけて喜んでいる」と見られている。そのうえ、電子出版で販売などの行為を行っているのだ。差別を商い、被差別者の人権をずたずたにしてもうけている、、、、。前代未聞の悪質さ。
 1997年末 12月20日 NHK教育 で 放映された1時間15分番組
 その中では●電脳空間で続発する人権侵害●表現の自由の国アメリカの苦悩と人権●賢明なネット社会とは   といったテーマで優れた番組が作成されている。
 あれから、さらに深刻さを増して来ているネットと人権の問題
 人々は啓発や人権教育の成果か、非常に厳しい批判を鳥取ループこと宮部龍彦と三品純両者の行動を見つめている。
 だからこそ、冒頭のサイトのアクセスは非常に多い。
 一方的な鳥取ループのネットでのでたらめな言動や行動に対して、批判も出て来ているが、サイト訪問者の多さは、圧倒的多数のサイレント・マジョリティは、鳥取ループの言動に大きな怒りをもって注視しているという証左かもしれない。


 両者が続けているみっともないインターネット上の言動や、行動は、あまりにもおろかな事と歴史の上でしばし語り継がれてゆくのではないかと思う。それも、両者が最も望まない形で。







PR
【2012/01/07 04:05 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
鳥取ループこと宮部龍彦と三品純 株式会社GNN 示現舎の生み出している諸問題 まとめ2
http://ameblo.jp/humanrights-difence/entry-11123376224.html
上記サイトなどで紹介されている宮部龍彦(鳥取ループ)、三品純に対する批判は日増しにネットで高まり、紹介しきれないほどの量にのぼっている。
人権擁護や近隣諸外国との善隣友好、経済的繋がりや商取引、反差別と人権に取り組む教育関係者や企業の活発な取り組み、、、、それらの人々の数は相当だと思えます。
 同時に被差別マイノリティ当事者の日本国内での数は、カムアウトしている人、していない人を含めると相当な人口になるでしょう。そして国際化の時流、多くのニューカマーが、ある意味日本の活力となっているビジネス界、海外からの留学生の増加、定住する人々の増加、企業の国際化、海外進出の増加などで増加し続けているのは明らかです。
 上記のような人々に対して、啓発や教育の不十分な差別意識を隠し持つ人々に差別意識をあおり、僅かな差別者からの支持に気をよくして、行為の悪質さを二人はエスカレートさせていますが、そのような微々たる人々に比較して、膨大な数の人々が両者に対して激怒しているのです。
 人権擁護、平和、国際化は世界の潮流です。
 悪質な差別煽動者は百害あって一利なしだと言えます。
【2012/01/06 18:09 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
鳥取ループこと宮部龍彦と三品純 株式会社GNN 示現舎の生み出している諸問題ブログ


鳥取ループこと宮部龍彦と三品純の行動が許せないという声が ネットに満ちて来ましたね。


鳥取ループこと宮部龍彦と三品純 株式会社GNN 示現舎の生み出している諸問題

というブログが開設されている。


ブログ記事一覧|japanHRのブログ鳥取ループによる人権侵害に抗議します
blog
インターネットにおける人権侵害を防ぐために - 皆さんの知恵とアイデアをくださいの記事一覧
三品純と宮部龍彦(鳥取ループ)株式会社GNN blog

上記のサイトにもリンクがはられている。
http://blogs.yahoo.co.jp/hatano_okan
上記のサイトは
オカンの怒り2

続報です。 宮部龍彦と三品純の二人は、いろんな差別情報を載せた本を出版しているようですよ。 つまりさぁ、この二人がどんな弁解をしようと、要するに差別情報を売る商いにも手を染めている‥っていうことでしょ。 私の故郷の近くに住む私の大切な大切な友達とその家族の人たちが被害を被るようなこんな悪行は絶対に許せません。50数年生きてきた私だけど、生れて初め て他人に対して「こいつらシバいたろか!」って思いました。(※こいつらをシバいても何の得にもなんないから実行しませんけど) きっと、このご両人には神仏の罰が当たって地獄行きだわ。」
「続報です。

宮部龍彦と三品純の二人は、いろんな差別情報を載せた本を出版しているようですよ。
つまりさぁ、この二人がどんな弁解をしようと、要するに差別情報を売る商いにも手を染めている‥っていうことでしょ。
私の故郷の近くに住む私の大切な大切な友達とその家族の人たちが被害を被るようなこんな悪行は絶対に許せません。50数年生きてきた私だけど、 生れて初めて他人に対して「こいつらシバいたろか!」って思いました。(※こいつらをシバいても何の得にもなんないから実行しませんけど)
きっと、このご両人には神仏の罰が当たって地獄行きだわ。」


http://blog.goo.ne.jp/yukko_punpun
上記は、いろいろな都道府県の取り組み一覧を掲載されている。(以下 一例  リンクはしていませんが)
「埼玉県
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/d03/
東京都
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/10jinken/tobira/internet/internet.htm
東京都墨田区
http://www.city.sumida.lg.jp/kuhou/backnum/091201/kuhou02.html
千葉県
http://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/keihatsu/documents/pamph29_30p.pdf
愛知県
http://www.pref.aichi.jp/0000030677.html
三重県
http://www.pref.mie.lg.jp/DOKYOC/HP/kyozai/mokuhyou.htm
反差別人権研究所みえ
http://www.kenkyu-mie.or.jp/topics/index.html
京都府
http://www.pref.kyoto.jp/jinken/1305770315771.html
滋賀県
http://www.pref.shiga.jp/c/jinken/keihatsu/internetrenraku/internetrenrakukai-2009.html
兵庫県
http://web.pref.hyogo.lg.jp/hw05/hw05_000000003.html
兵庫県尼崎市
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/hataraku/zinken/056monitaringu.html
大阪府
http://www.pref.osaka.jp/jinken/work/humanite25_30_1.html
ニューメディア人権機構 ふらっと
http://www.jinken.ne.jp/
大阪府人権協会
http://www.jinken-osaka.jp/about_soudan/jishou/internet.html
奈良県
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-7841.htm
奈良県市町村人権・同和問題「啓発連協」
http://nara-tenichi.jp/project/
和歌山県
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/kenmin/web/200911/jinken.html」

なかなか有意義なサイトだと思えます。
また、
国際的な動きも知っておきたいので
2012年01月02日 | 日記
財団法人 アジア・太平洋人権情報センター
http://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/sectiion3/2010/05/post-102.html

<その他>
宗教者としての取り組みもあります。
曹洞宗→http://www.sotozen-net.or.jp/oshie/jinken/bn0806.htm」

上記のような情報も掲載されている。




http://www.sabekin.net/index.html
上記のサイトは「差別禁止法の制定を求める市民活動委員会」のサイト。
 

【2012/01/05 04:42 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
鳥取ループ、三品純、示現社 まとめWIKI2
 現代社会には悲しい事だが「差別」というものが厳然と存在する。その苦しみや痛みは当事者が一番痛切に感じているでしょう。
 彼等から許し難い行為として指弾され始めている鳥取ループこと宮部龍彦とジャーナリスト三品純が電子出版として低俗で間違いだらけの冊子を販売しているのだが、その内容は国際化時代に平和や善隣友好の21世紀を目指す人々の願いと逆行する、古き差別を煽動拡大し、在日の人々を差別するようあおるというまさしく劣悪な内容で批評の対象ともなりえないもの。つまらなさに黙殺され、ただただ宮部龍彦と三品純の低俗さの証左として悪臭を漂わせていますね。
 全国各地で人権に関する集いや研究会が開催されています。
 インターネットと人権に関する市民の関心や行政の啓発の取り組みは、その中でもとても重要視されていると聞きます。
 人権関係のそのような集いの中には数万人の参加者を数えるものも多々あるようですが、そのようなチャンネルによって鳥取ループこと宮部龍彦と三品純の悪行は、どんどん周知されていっているようです。
 有名になってきたら、それで電子出版をして小銭を稼ごう、差別をばらまく事をビジネスにしようと、鳥取ループ=宮部龍彦とフリージャーナリスト三品純が設立して運営しているのが示現舎という電子出版の会社なわけです。
 前代未聞の悪質さだと、私には思えます。

参考までに
下記サイトを紹介しておきたい。
http://ameblo.jp/humanrights-difence/
http://japanwest.v-kei.net/Entry/8/
http://moon.ap.teacup.com/jinkenidea/3.html
http://ameblo.jp/humanrights-difence/entry-11119216426.html
http://japanwest.v-kei.net/Entry/10/
【2012/01/03 01:19 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
株式会社GNNと宮部龍彦(鳥取ループ)
記のブログ 鳥取ループこと宮部龍彦のサイトはなかなか話題らしいですね。
過去、鳥取ループという名前の後ろに隠れて悪行の限りを尽くして来た宮部氏の実像を、わりとはっきり浮かび上がらせてくれているような気がします。



鳥取ループ 宮部龍彦 三品純 まとめHP

http://tottoribad.web.fc2.com/index.html

鳥取ループ 宮部龍彦と
三品純や 株式会社GNNのまとめHPです
テキストですけれど ご活用ください

上記のHP鳥取ループこと宮部龍彦に関するサイトはなかなか注目されているようですね
過去、鳥取ループという名前の影に隠れておびえながら、悪質なネット上での活動を続けて来ている宮部龍彦氏のぼんやりとした実像が浮かび上がってくるように思います。
宮部龍彦氏を取締役として雇用している社長には、「このような差別を振りまく社員は問題」という趣旨のメールが送付されたという記述が発掘されて提示されている部分があるのは、ちょっと新鮮ですね。
 その社長の対応もひどかったらしいですが、差別を振りまき、悪質な行為を続ける宮部龍彦氏は、法務局や県、行政から指導を受けているらしいです。それを無視して、国際的に非難されている差別行為を継続している開き直りにはあきれるの一言です。
 そういう宮部龍彦氏の行動を放置し、自由にさせている社長の存在も気になるところです。メディアの取材なども受けている、ある意味著名な人物みたいですが、人権意識は最低なのでしょうね。
 取引会社などもちょっと調べてみるのも有効かもしれません。
 企業体が社会責任を負い、良識ある企業活動を展開する事に注目を浴びている今日の時流に、本当に「何やってるんだ!!」という意見が多数でてくるのではないかと思います。

【2012/01/02 06:17 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>